TNTgis v2019 の新機能
「図形タイルセットのエクスポート」と
「Geomashup の構築」を使ったサンプル



 本年1月にご案内しましたTNTgis v2019の新機能のうち、WebGIS に関する機能である「図形タイルセットのエクスポート」と「Geomashup の構築」の新機能を使ったサンプルサイトを作成しました。
 これらの機能を使うと、ベクタデータをWebを使って公開する事が出来ます。

「TNTgis 2019 新機能一覧」

・・・

 最初に「Google マップが正しく読み込まれませんでした」と出ますが Google マップの課金用コードを設定していないために出ています。
 気にせず、そのまま[OK]を押してください。


 ブラウザ内は2つの領域に分かれています。
 左側がデータの階層構造を表示する"サイドバー"で、右側が対応する地図を表示する"マップ部"です。
 階層は最大3階層まで表現可能です。なお、背景のベースマップには地理院地図を使用しています。


 操作のし方ですが、たとえば、左側のサイドバーで"東北地方"の上でクリックします。
 すると、マップ部で東北地方がズームされます。


 "東北地方"の前のフォルダ・アイコンをクリックすると、県の一覧が出ます。


 たとえば、"岩手県"の上にカーソルを置くと、該当エリアが赤く強調表示されます。


 "岩手県"をクリックすると、右側のマップの岩手県がズームされます。


 ポリゴンの上にカーソルを置くと、そのポリゴン(行政区域)の市町村名、人口が表示されます。


 さらに、ポリゴンをクリックすると、行政区域に関連付けられた属性情報がInfo Windowとして表示されます。


 なお、ポリゴンの色ですが、表中の人口総数の数値に基づいて色塗りをしています。
 サイドバー下の凡例をクリックすると、別ページに詳細な凡例を表示します。


 また、ある程度ズームすると、ポリゴン内にラベルを表示するようにしています。


 その他の機能としては、サイドバー上部のスライダーを動かすと、ポリゴンの透明度を変えることができます。
 また、サイドバーの項目の前のチェックをOn, Offすることでポリゴンの表示をオン、オフする事が出来ます。




<今回のサンプルデータを作成するために使用したデータ>

 図形データが、「国土数値情報、行政区域データ」で、
http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-N03-v2_3.html
からダウンロードしたシェイプファイルを使用しました。

 また、属性データは、「都道府県・市区町村別統計表(一覧表)(2015年)」です。
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200521&tstat=000001049104&cycle=0&tclass1=000001049105

 エクセルファイルは、GISのデータベースとして取り込むためCSVファイルに整形しました。
 その後、両者をTNTmipsに取り込み、市区町村コードをキーとしてリレートし、GISデータにしました。

 処理の具体的な手順を以下のページに示します。⇒「ベクタデータを使ったWebGISの作成」




 現在、Firefox, Chrome, Edge 等を使用してテストをしていますが、
 Firefoxで最近のグラフィックボードを使用したパソコンではタイル上に白の格子線が入る現象を確認しています。


◎サンプルサイトを体験されたい方は、件名に「サンプルサイト体験希望」と記載の上、以下のアドレスまでご連絡ください。
 sales@opengis.co.jp
 折り返し、アクセスのためのURL とパスワードをお送りします。





PAGE TOP

(株)オープンGIS