TNTedit の紹介|株式会社オープンGIS

GIS, RS, CAD, RDB のデータ作成・表示・印刷用システム

TNTedit

The Dynamite Map & Image Processing System

 TNTedit (ティーエヌティー・エディット) は、米国 MicroImages (マイクロイメージ) 社で開発されたラスタ・ベクタ一体型の地理情報システム TNTmips のGISデータ作成・表示・印刷・データベース作成に限定したプロダクトです。 機能を限定することで、ソフトウェア本体の値段を下げ(TNTmipsの 約2分の1 の価格)、安価にGISデータ作成、デスクトップ・マッピング、電子地図出版、その他の空間データベース管理、ビジュアリゼーションを行うことが可能です。 また、Windows 10、macOSと現在普及しているOS上で動作し、しかもどのプラットフォームを使っても同一の機能、同一のユーザ・インタフェースを提供します。 TNTedit は、最も先進的で、コストパフォーマンスに優れたシステムです。

製品の内容

 TNTeditは次の機能を含みます: 空間データエディタ、TNTview、インポート/エクスポート、ジオリファレンス、各種ユーティリティ、SML(マクロ言語処理)。

製品の対象

 大量の地図作成(ベクター、CAD)を行うTNTユーザに対して、低価格で作業環境を提供します。 TNTmips や TNTedit の空間データエディタには、データ作成に役立つさまざまな機能があります。 ベクター、CADデータの作成、修正、更新、スキャナーの利用、データ変換、デジタイザ、ヘッズアップデジタイズ、写真判読、等などの作業は今でも多くの人力を必要とします。TNTedit の導入により入力環境が安価で整備できます。 また Arc/Info や ArcView で構築したデータを、強力な TNTedit の機能を使って修正することができます。

価格

 TNTview から TNTedit に購入価額の差額で変更できます。 同様に差額で TNTedit から TNTmips にもアップグレードして、画像処理、バッファリングやオーバーレイなどのベクタ処理、モザイクなど、TNTmips のフル機能が使えるようになります。 TNTedit に関連した Getting Started の入門冊子とリファレンスマニュアルをPDFで閲覧できます。

TNTedit のメニュー

 TNTmips が提供する対話型、半自動型、または完全自動型の分類プロセスを使えば、土地被覆や他の地形地物を分類し、地図を作ることが可能です。
マルチスペクトル画像、磁気画像、または熱画像のような複数のラスタ・オブジェクトを組み合わせることによって、植生や地質学的な鉱床の表面での何らかの手がかり、見ただけでは判読できないような多くの特徴的な痕跡を発見することが可能です。

TNTmips は、あなたを待っています

 TNTmips は最も技術的に進んだ、使いやすい専門家のための地理情報システムです。他の GIS で TNTmips の機能を実現するためには、複数のしかも高価格なシステムが必要になります。しかも統合化のための複雑な問題、高価な別売オプション、インタフェースの問題、学習時間、必要な装置、ドキュメント、更新スケジュール、コストなど様々な問題と格闘しなければなりません。MicroImages社とオープンGIS社はフルセットのドキュメンテーション(PDF)とテクニカル・サポートを提供します。オープンGIS社経由で、組立調整、TNTmips のインストール、新しいコンピュータを入手することもできます。個別またはグループによるトレーニングを、弊社および MicroImages社、ユーザ・サイトでも提供いたします。
 最後にユーザーであるみなさまのアドバイスは TNTmips の発展において極めて重要です。TNTmips が、最も進んだ画像処理、GIS、およびデスクトップ・マッピングの統合システムとして確たる位置を維持してきたのは、ユーザーのみなさまが一貫して MicroImages社を支えてきたからです。今後とも、どうぞお気軽にご意見・ご指摘いただけると幸いです。

TNTmips, TNTlite, TNTsdk, TNTview, TNTedit, TNTatlas, TNTsim, HyperIndexは、MicroImages社の商標です。
登場する社名及び製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。
本カタログの内容は、製品改良のため、予告なしに変更する場合がありますので、予めご了承下さい。